Important information about purchasing from the US.

RØDE Microphones highly recommend that you only purchase RØDE products from authorised dealers. You can view a full list of authorized US dealers here.

If you purchase any RØDE microphone from an unauthorized dealer you will not receive any US warranty or technical support. You can view a full list of unauthorized US dealers here.

Battlefieldの隠れたボイスオーバーストーリー – Tomas Dankoとのインタビュー

21st Aug 2012
news
ゲーマーがEAの大ヒット作Battlefieldをプレイすれば、彼らがよく覚えているのは大量の武器と車両がもたらすサウンドを楽しんだことかもしれませんが、雑音の無いきれいな録音から聞える明瞭な音声もまた、このゲームを輝かせているのは事実です。実際に、Battlefieldには特徴的な音声が非常に多く配列されています!
最近の、程度のより高いセッションには高額の予算をあてるという傾向を受け、驚くべき俳優たちが最新シリーズのために雇われました。歌や放送用の録音とは異なり、従来の超高価なマイクとその他の器材を使用した製作方法は次第に変わってきています。
私はこの件についてさらに詳しく聞くために、 スウェーデンのDigital Illusions Creative Entertainment (別名DICE) のボイスオーバー・プロデューサー兼エンジニア、Tomas Danko にインタビューを申し出ました。
Tomas はとても寛大に 「最高のサウンド」のために様々な機器を使った長年の経験を私に話してくれました。
WW: あなたは何年EA DICEで仕事をされて、あなたのタイトルは何ですか? あなたはDICEで他のタイトルを持ったことはありますか?
TD: 私はEA DICEのVOプロデューサーとしての仕事は5年になります。最初はオーディオアシスタントで、それからVOデザイナーになりましたが、1週間後にこのタイトルはVOプロデューサーに変わりました。
WW: どのような教育を受けられ、どのようないきさつでゲームオーディオに関わるようになったのですか?
TD: 今までの人生のほとんどがオーディオエンジニアとして、音楽のレコーディングと製作に関わってきました。コンピュータオーディオに関わり始めたのが80年代半ばです。クラシック音楽のピアニストとして教育を受け、音楽専門学校で学んだことを除けば、私は独学で覚えるタイプです。古い8ビットのコンピュータでオーディオをいじっているうちに、デモ用のシーンを作ることが、わりと早い時期にゲームを作る方へと変わっていきました。
WW: あなたのセットアップを教えてください。マイクプリアンプ、DAW、プラグインやそれ以外に気に入ったツールがあれば、そういったものに関してです。
TD: 何をするかによりますが、絶対に確かなセットップ1組です。リストにあげるとすればAPI 3124+と512マイクプリアンプです。DAW: ProTools HD、Sound Devices 744T、Sony SoundforgeとVegas、Logic Pro。プラグイン: Waves L2/L3リミッターとPhase Linear EQ、AudioEase Speakerphone。UADプラグインの大ファンでもあります。オーディオ専門のツールではありませんが、Bulk Rename Utilityが好きで、これでオーディオを管理しています。私のワークフローにこれは欠かせません。
WW: あなたは作曲や歌うこと、または何か楽器も演奏しますか?
TD: はい、以前は全部やってました。定期的にアルバムも出していました。製作作業はかなりの時間を要しますから、それはAAAモダコンシリーズのゲーム製作に関わる前の話です。私は、将来作曲と音楽製作にもっと時間をとりたいと望んでいます。
WW: どのRØDEマイクを使っていますか?
TD: ほぼ全部持っていますし、長年使っています。私は、NT1000がボーカルばかりではなく、ドラムオーバーヘッドにも使える、用途が広いマイクだとわかりました。NT5はアコースティックギターによく合い、NT3がハイハットのクローズマイキングに良いというのはあまり知られていないようです。とはいえ、K2 が私の最近の作業にはなくてはならない、とっておきのマイクになっています。
WW: ボイスオーバーの録音でRØDE K2に落ち着くまで、どのマイクを、何本くらい使って試されましたか?
TD: 推測されると思いますが、今思い浮かぶのはNeumann (新しいのもビンテージの多くもU87、TLM)、Brauner、Audio Technica、Beyer Dynamic、Sennheiser、Shure等です。
WW: K2に電源が必要であっても、これが用途の広いマイクとお考えですか? 最新のBattlefieldについてですが、製作日数はどのくらいで、おおよそで1日何時間くらい作業していましたか?
TD: 私のトータルのトラック記録を見ると、マイクの失敗が少しもなかったことがわかります。K2マイクはセッション中に一度も壊れませんでした。別々に分けて一定に管理した電源を供給することが、事実上、製品の安定性を高めると思っています。私は通常、1日2、3時間のセッションを行います。なぜなら、大部分の俳優は3時間より長くはもたないんです。それでも、10時間から11時間くらい作業にあたる事も珍しくはありません。私の記録では、Battlefield 3の製作で、約500時間、屋内でVOレコーディングの作業をしたとあります。

WW: 他には何のタイトルにK2が使われていますか?
TD: EA Sports NHL (数年に渡って毎年リリース)、Mirror’s EdgeBattlefield: Bad Company 2等があげられます。
WW: 特定の技術をこれからも実験し続けますか。または今までやってきた事でもうする事はないと落ち着かれましたか?
TD: 継続と危機管理、この2つが私の仕事分野で重要な課題です。私はオーディオエンジニアとオーディオ録音機器とその方法が、VO とモーションキャプチャーの録音セッション中は、完全に不可視であるべきだと固く信じています。方向性と演技が、それらによって何かを強要される、それは決して起きてはならない事です。このため、私はこれを限界まで広げるため、いくつかの選ばれた技術と機器のセットアップを試みました。そういっておきながら、私はそれでもいまだに、必要と見ればいつでも録音中(例えば俳優の顔を覆うガスマスクにラベリアを装着、喉にマイクを装着等)に効果を実験します。我々のオーディオは、BAFTA 等多くの賞を勝ち取っています。ですから成功しているコンセプトを変える必要等ありません。
WW: あなたの特に気に入っているプロジェクトは何ですか、その理由も教えてください。
TD: Battlefield 3です。なぜなら、今までの快適な居場所から私を外へ連れ出し、テレビゲームのためのVOを再び発案させてくれましたから。前回のFPSタイトルで行なった量よりもさらに多くの屋外でのレコーディング、スクリプトを捨てて、才能で何とか成し遂げさせ、より多くの俳優とより多くのバリエーションを録音しました。私はこれらの事全てを実現するための権限と予算を得た事を、幸せだと感じます。
WW: Tomas、ありがとうございました。
TD: どういたしまして、Watson。器材とオーディオについて話をするのは楽しいですね。あなたのようなプロフェッショナルな仲間とならば特にそう思います。
Tomas Dankoにはわざわざ時間を裂いていただき、とても感謝しています。私個人からもお礼を述べさせていただきます。優れたサウンドを達成するために、驚くほど高価なマイクを買う必要はないという考えには私も賛成です。
優れた技術を持つだけではなく、良いマイクプリアンプもまた必要不可欠です。私は、個人的に数多くのマイクを所有していますが、私の持っているRØDEマイクは全て素晴らしい製品だと言うことができます。
この記事を書いている間中、Battlefieldをもう一度プレイしたくてそわそわしていました。今回は、 「なんてK2 は良い音なんだ!」と思い、そればかり口にしていました。さあ、これを読んだあなた: ゲームを買って、またプレイして、RØDEマイクを一本手に入れてください!
この記事を書いてくださった、Watson Wu StudiosのWatson Wuに感謝の意を表します。
Watson Wuについて:
2001年以来、Watson Wu はテレビゲーム、映画、テレビのコンテンツを作成するマルチメディア・サウンド・ビジネスで活躍しています。彼は、音楽教育、作曲、ピアノ、ボイス、指揮、音楽ビジネス、さらに音楽技術をMiami-Dade College と Florida International Universityで学びました。Watsonのマイクと機器に対する愛情は彼をTransformers、NCAA Football、Madden NFL、Need for Speed、Red Orchestra 2 等のテレビゲームプロジェクトへと導きました。彼のクレジットは、Dodge Ram、Lexus その他のコマーシャルが含まれます。

ニュースアーカイブ


2015

2014

2013

2012

2011

2010

2009