Important information about purchasing from the US.

RØDE Microphones highly recommend that you only purchase RØDE products from authorised dealers. You can view a full list of authorized US dealers here.

If you purchase any RØDE microphone from an unauthorized dealer you will not receive any US warranty or technical support. You can view a full list of unauthorized US dealers here.

RØDEロッカーズ、NaviculaとのQ&A

26th Oct 2012
news
彼らの生のエネルギッシュなグランジサウンドでRØDE Rocks国際バンドコンテストを征服して以来、バリ島出身のロッカーズ、Navicula はこれまで以上に多忙になりました。カナダのLe Festival Envol et Macadamにおける初の北アメリカショーから帰国後、彼らはボルネオ島のまわりで一連のショーで演奏し続けました。
彼らはまた、権威あるシドニーフェスティバルにおいてヘッドライン・ショーを1月10日に Manning Barで行なうことを発表しています。
Naviculaの代表者とギタリスト Robi はわざわざRØDEとの時間を設け、彼らの音楽に対する意気込み、そして彼らの体験したRØDE Rocksについて聞かせてくれました。
あなた方の音楽は、かなり環境と自然を焦点にしていますね。インドネシアと国際社会はあなた方の音楽に込められたメッセージに対して胴応じていますか?
Robi: ほとんどのファンは、我々が直面している世界規模の環境危機を意識していません。我々は音楽、そして関連するメディアを通して、そのメッセージがこれらの問題についての意識を高める手助けになることを願っています。
我々の最新のキャンペーンは森林破壊、破壊に直面しているインドネシアの熱帯雨林、スマトラ島のタイガーとオラウータンといった最後の生き残りの種、多くの絶滅に瀕している種に焦点をあてています。インドネシアで残っている熱帯雨林はスマトラとカリマンタン(ボルネオ)の島々に植生していますが、大部分のインドネシア人はジャワ島の都市部を拠点として生活しています。我々は現在カリマンタンを周回中です。熱帯雨林の破壊の証拠を集めドキュメンタリーにするために、Greenpeaceの活動家たちと共にモーターバイクで2000 キロメートルに及ぶジャングル全域を移動しています。各都市や村に着くたびに、我々は森林破壊についてのキャンペーンを行なうGreenpeace を支援するためにショーを行なっています。バリ島とジャワ島の我々のファンベースは、我々の旅をオンラインで活発にフォローし、彼らの森林破壊についての意見をシェアしてくれています。たとえ最初は規模の小さい活動であっても、我々のゴールはパブリックオピニョンを動かし、森林破壊をインドネシアの緊急重要課題として認識してもらう事です。これまでの反応ポジティブです。
カリマンタンへのこのツアーはKickstarter (クラウドファンディング) キャンペーンを通じて資金を供給してもらっていて、我々の後援者の多くが世界各地を拠点としています。我々のファンがこのツアーのために資金援助で支援してくれるのを見て、とても感激しています。彼らが単に音楽をフォローするだけではなく、我々が広めている環境を守ろうというメッセージを支持していることも分かったからです。
Navicula visited Kalimatan (Borneo) recently with Greenpeace, raising awareness of the deforestation in the region
Naviculaは最近、 森林破壊についての関心を高めるためにGreenpeaceと共にカリマンタン(ボルネオ)を訪れました。
NaviculaはFacebookとTwitter全体でかなり大勢の人々からフォローされています。90年代後半から活動しているバンドとして、自らを啓発するアプローチはソーシャルメディアの出現でどのように変わりましたか?
Robi: Naviculaが結成された1996年のころはいつもメディアから 「あまりに理想主義」 または「分離された音楽」 と焼き印を押されました。ですから特に全国放送のテレビとか、なかなか出演させてもらえませんでした。しかし、現在はソーシャルメディアでジャカルタ(音楽業界のインドネシアの首都であり、中心)の音楽業界からの支持の有無に関わらず、我々は直接ファンベースに接触することができます。とはいえ、バンドを推進させる方法は同じです。ただ、ソーシャルメディアを利用した方が全てにおいてより速く、安くできます。次にリリースするシングルを選んで、ファンを音楽に反応させていくことが最も重要なことです。それ以外で我々が進めることは、ただ音楽の回りに自分たちのイメージを構築することだけです。それが全て音楽に戻ってきます。
最近カナダの Envol et Macadamフェスティバルで演奏を終えられましたが。どうでしたか? インドネシア以外でツアーはしていますか?
Robi: 実際に、カナダで今月始めに行なったツアーは、Naviculaにとって初めての国際的なツアーでした。しかし、あなたが想像する程大きなカルチャーショックはありませんでした。バリに拠点を置いていることで、世界中から旅行者が立ち寄りますから、海外からの観衆の前で演奏する事には慣れています。フェスティバルのショーはとても楽しいものでした。リストを作るときには、特に言語の壁を考慮して随分悩みましたが、最後には私たちの英語の曲だけではなくインドネシア語で歌う歌も演奏する事に決めました。そして、それは本当に素晴らしかった。観衆は歌詞を頭で理解できなくても、我々の音楽に共感してくれました。
以前にどのRØDEマイクを使用されたことがありますか?
Robi: 我々はRØDEコンデンサーマイクをドラム、アコースティックギターとボーカルの録音によく使っています。RØDEコンデンサーマイクには、高中域のきめの細かさがあるので我々のレコーディングにとても良く合います。スタジオで我々は生の感じを捉えようと試みます。ですから我々の音楽を聞けば、きっと汗の臭いまでも分かるかもしれません。
コンテストでNaviculaが成功を納めることができた要因を1つ挙げるとしたら、それは何だったと思いますか?
Robi: 我々が選んだ曲、「Metropolutan」が良かったのかもしれません。その歌詞は都市化と都市の汚染についてマイナスの側面を歌っています。それはインドネシアの首都、ジャカルタを知っているからです。我々の多くのファンが、自分たちのいる状況が本当にその歌に反映されていると感じたのだと思います。音楽とのその繋がりが油となって、彼らを投票させ、火が燃え広がるかのように、彼らの友人たちにも投票するように促していったのでしょう。

Naviculaの勝利に輝いたRØDE Rocks エントリー曲,「Metropolutan」
一番好きな審査員は誰でしたか?
Robi: Matt Sorum (我々のビデオを気に入ってくれましたから(笑い声))です。しかし実際のところ、私がギターで最初に覚えたのがGuns N’ Rosesの「November Rain」でした。私は当時13歳でした。それが何年か後に、そのMatt Sorumが私の書いた曲を聞いてくれるとは夢にも思っていませんでした。今でも夢見たいです。
賞のどういったものを一番楽しみにしてますか?
Robi: Alain Johannesをプロデューサーとして一緒にレコーディングすることです。Navicula は今までに5枚のフルアルバムを録音していますが、クリエイティブなプロデューサーとは一度もありません。今までのアルバムにも、勿論プロデューサーがいましたが、我々の音楽スタイルについて相応しい音楽経験や参考となる知識を持っている人は1人もいませんでした。RØDEコンテストの前の去年から取り組んでいるのですが、我々の新しい材料になればと、次にレコーディングするサウンドのために既にQueens of the Stone Ageアルバムを参考にしていました。Alain は彼らのアルバム製作に関わっていましたから、ぴったりです。
自分たちの音楽を聞いてくれるオンラインのファンを増やしたいと考えているRØDEユーザーに何かアドバイスがあれば教えてください。
Robi: 自分たちの音楽をオンライン視聴者に聞かせる。無料ダウンロードとして自分たちの曲を提供する気がないのであれば、せめて無料で彼らに曲を流させてみることです。もしあなたのリスナーがあなたの音楽を本当に気に入れば、実際にアルバムを購入しし、あなたのショーのチケットを買うはずです。もし我々が音楽をオンラインで提供しなければ、結局だれかが違法ダウンロードとしてオンラインに載せることになるとわかっています。トラックを我々のウェブサイトとSoundcloudアカウントから公式にしておくことによって、リスナーと接触を持ち続けられますから、彼らをショーに招待したり商品をオンラインで販売することができます。
オンラインの視聴者と交流することができます。プロモーションだけをするのは止めてください。我々が次のコンサートやシングルの情報を流す、それは予想通りです。我々は自分たちのFacebookとTwitterの投稿の大部分を予想外な内容を載せるようにしています。例えば、ツアー中のおもしろい出来事、我々が気に入っている他のバンドの話を共有したり我々が今行なっている環境問題に関する最新情報でも、どんなことでもいいと思います。
2013年のシドニーフェスティバルで演奏すると発表されましたが、バンドとしてはどういうお気持ちですか? シドニーで何か楽しみにしていることはありますか?
Robi: 我々はシドニーのツアーを本当に楽しみにしています。オーストラリアはバリからとても近いので、バリで行なった我々の演奏をオーストラリアから見に来てくれたファンもいました。ですから、今回もそのファンの何人かが来てくれることを望んでいます。シドニーフェスティバルに参加することは、我々にとってオーストラリアの音楽シーンへ進出できる素晴らしいチャンスです。シドニーでは、そこの保護団体とつながりを持ちたいと思っています。そうして我々のインドネシアの森林破壊のためのキャンペーンで得た体験を共有できれば嬉しいです。インドネシアの熱帯雨林を脅かしているものの1つがパーム油プランテーションです。パーム油はオーストラリアを含め、世界中で多くの製品に使用されています。従って、このキャンペーンはオーストラリアの観衆には非常に関係深いものになるはずです。
Naviculaは11月末にはLAへ向かい、RODE Rocksの優勝したことに対して彼らに与えられた、レコーディングのために3日間を過ごします。レコーディングは、 Record PlantスタジオでプロデューサーのAlain Johannesと共に行なうことになっています。
彼らのシドニーフェスティバルへの出演、チケットの購入についての詳細は、 Sydney Festivalウェブサイトへアクセスしてご覧下さい。

ニュースアーカイブ


2015

2014

2013

2012

2011

2010

2009